音楽のジャンルについて

音楽のジャンルについて

HOME ギター バイオリン 運営者 ブログ


音楽のジャンルは「どんな音楽か」を表すと同時に「その音楽が、どのように生まれて、どのように発展してきたか」を探る手がかりとなります。

まず大きく分けて「クラシック音楽か、ポピュラー音楽か」という分類ができます。
また「民族音楽」として、その地域独特の発展の仕方をしたものもあります。

音楽というのは、地域の文化・儀式、娯楽、宗教などを反映して生まれたものが多かったのですが、レコード・CDなどを通して、各地域の音楽が「世界中のどこにいても聞くことができる」というものに変わりました。

すると、アーティストたちが、異なるジャンルの音楽を取り入れて、作詞・作曲などを行うことも増えて、音楽はジャンルの垣根を越えて、発展していくことになりました。

たとえば、ジャズやブルースは、アメリカ南部で黒人音楽として生まれたものですが、現代は世界中にジャズシンガーがいます。

クラシック音楽を、ポピュラー音楽の歌手が取り入れ、アレンジして演奏することも増えています。
また民族音楽を電子楽器の独特な音色で演奏し、新しい音楽に変えていく、ということも行われています。

最近の音楽は、様々なジャンルの音楽が融合されたものであり、一人の歌手が様々なジャンルの音楽を歌うことも、珍しくなくなってきました。

音楽のジャンルによっては、必要な楽器、人数なども異なります。
たとえば、オーケストラのための楽曲を演奏するなら、それだけの人数、楽器などが必要です。

最近は、オーケストラがポピュラー音楽の演奏をするということも増えています。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

無駄毛を除去してスベスベ
脱毛器具

ソーラー発電に関する知恵袋
ソーラー発電

ネットで内職とは
内職

ポイントサイトを比較するなら
ポイントサイト 比較

在宅でお仕事をする
在宅アルバイト

ちょっと小金を稼ぐ
お金儲け